アメブロのぽん!〜国語の勉強法あれこれ〜から移行してきました。
できるだけ早急に整備等、進めて行きたいと思っています。

以下のサイトも管理・運営中です。
よろしくお願い致します。

ちゃんねる☆ちゃんねる
MUSE〜アトリエ&1day shop&教室〜

2011年09月15日

シュウ君(終止形接続の助動詞)の青春

古典文法の、活用する語(動詞・形容詞・形容動詞・助動詞)の活用表、ある?

その、終止形と連体形のところを全部チェックしてほしいんだけど、

語尾を伸ばすと何になるかな。


書くーウ 書くーウ

ありーイ あるーウ

よしーイ よきーイ よかるーウ

なりーイ なるーウ

めりーイ めるーウ


「ーイ(I)」か「ーウ(U)」だよね?


でね、なんの話がしたいのかというと、終止形接続の助動詞の話。


終止形接続の助動詞は、

らむ・らし・まじ・べし・めり・伝聞推定のなり

だよね。


で、活用表の「(主な)接続」のところをみると、

終止形接続なのに「ラ変型活用語には連体形につく」って書いてある。


高校時代の私には、これがちんぷんかんぷんだった。

でも、生徒に教えないといけなくなって、

そこで、考えに考えてわかった。


要するに、

シュウ君が好きなのは隣の席の癒し系ユウちゃんなのか、

野球部のマネージャーの元気いっぱいアイちゃんなのか、

ってことなんだ。


さて。

キミはどっちが好きかな?


シュウ君ははたしてどっちなのかというと、ユウちゃんが好きなんだ。

だから、ユウちゃんとずっと一緒にいたい。

でも部活は違う。

シュウ君は野球部、ユウちゃんは放送部。

だから放課後はユウちゃんと一緒にいることができない。


そんなあるとき、野球部の練習試合の最中に

「ああ、今頃、ユウちゃんは何をしてるかなぁ・・・」

なんてもの思いにふけっていたら、ミスをしてしまった。

みんなに責められるシュウ君。

でもそんな中でただ一人、マネージャーのアイちゃんだけは違った。

「だれだってミスするときくらいあるよ」

やさしくそう言って、差し入れのスナックパイン を手渡してくれた。


シュウくんはアイちゃんのやさしさに触れ、胸がキュンとなった。

アイちゃんのやさしさがユウちゃんのそれと重なって見えたんだ。

そして、思わず

「ありがとう。ね、よかったら今度一緒に映画でもいかない?」

と、デートに誘ってしまった。


というわけ。


つまり。

シュウくん=【終止形接続の助動詞】は

基本的にユウちゃん=【終止形で「ーウ(U)」の形】が好き。

だから、「ーウ」の形にくっつく。

でも、アイちゃん=【終止形で「ーイ(I)の形】も連体形のときに「ーウ」の形になる。

そうするとシュウくん=【終止形接続の助動詞】は

アイちゃんのこともまんざらではなくなり、

アイちゃんにもくっついてしまう。

そういうことなんだ。


アイちゃんとユウちゃんの間で揺れているキミ!

昔から、「二兎を追うもの、一兎も得ず」っていうよ。

くれぐれも気をつけてね。

(2010年7月6日作成記事)
posted by みちこ at 08:31| Comment(0) | 文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。