アメブロのぽん!〜国語の勉強法あれこれ〜から移行してきました。
できるだけ早急に整備等、進めて行きたいと思っています。

以下のサイトも管理・運営中です。
よろしくお願い致します。

ちゃんねる☆ちゃんねる
MUSE〜アトリエ&1day shop&教室〜

2010年06月09日

現代文の受験勉強

現代文の受験勉強ってどうしてる?


ひたすら読書?

漢字や語句の勉強?

それとも問題集を解く?


現代文の受験勉強で、重要なのは繰り返し読むこと。

どこになにが書いてあったかわかるくらいに読み込むこと


で、何を読めばいいかというと、

一番オススメなのは、模試の評論問題。


問題集でも、解説がしっかりしているのはいいんだけど、

その確認に時間をかけるより、

模試を受けたときに、1部余分にもらっておく方がラクじゃない?


ちなみに一番オススメじゃないのは、いわゆる読書で小説を読むこと。

読書は大事だし、小説もすばらしいもの。

でも、現代文の受験勉強には向いてない。

勉強の合間に、息抜きに読むのはいいけどね。


さて、模試の読み方。


まずは、本文は飛ばして設問にさっと目を通す。

このときはまだ、わけがわからなくていいんだ。

どんなことがきかれるのか、ちょっとチェックする程度。


次に、本文を読む

途中で傍線や空欄があって、その時点で解ける問題があったら考えてみる

このとき大切なのは、時間をかけないこと

30秒くらい考えてわからないようなら、解説をみる

これが大事。


解説と解答を確認したら、本文に戻り、続きを読む。

そしてまた傍線や空欄があって、その時点で解ける問題があったら考えてみる。


・・・という要領で、本文すべてを読み終えたらそこで改めて設問を見る。

そして解いてみる

このとき大切なのは、次の2点。

1 本文を読む途中でみた問いも含めてすべて解く

2 途中で解説・解答をみることはしない


すべて解き終えたら、改めてすべての解説・解答を見て、

自分の答えと照らし合わせる。

「さっきも見たから」「答えが合っていたから」といって、

解説を読み飛ばしたりしない。

キミは今、模試を解いてるのではなく、模試を読んでいるんだ。

そのことを忘れないように。


この方法でとりあえず、

3〜5題くらいの模試を1日最低1題、10日かけて読み込む

10日後、キミにはかなりの力がついているはずだよ!


模試の過去問題は、国語の担当の先生が持っているかもしれないし、

進路指導の先生が持っているかもしれない。

残部かコピーをもらえないか、一度、きいてみるといいよ。


繰り返すね。

現代文の受験勉強なら模試を読むのがオススメ。

ポイントは、合っていた問題・間違った問題とも、すべての解説を読むということ。

それが「模試を読む」ということ。


10日後、キミの力がどうなっているか。

健闘を祈る!

posted by みちこ at 07:56| Comment(3) | 現代文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■模試を読む
模試を読むという発想が素晴らしいですね。
とても参考になります。
さて、どこで模試と解説手に入れられるかな?
センターの過去問でもいいでしょうか?
Posted by 5回の入試を乗り切った受験生の母 久美子 at 2010年06月09日 16:08
■過去問でもOKです
センターの過去問でもOKです。
ただ、できれば最新の過去問は受験直前の力試し用にとっておいた方がいいです。
手間でなければ、解説が詳しく載っている問題集を使うのでもOKですよ。
Posted by みちこ at 2010年06月09日 18:26
■ありがとうございます
そうですか。了解です。ありがとうございます。
Posted by 5回の入試を乗り切った受験生の母 久美子 at 2010年06月09日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。