アメブロのぽん!〜国語の勉強法あれこれ〜から移行してきました。
できるだけ早急に整備等、進めて行きたいと思っています。

以下のサイトも管理・運営中です。
よろしくお願い致します。

ちゃんねる☆ちゃんねる
MUSE〜アトリエ&1day shop&教室〜

2011年11月01日

ゆかしかりしかど

私のもう一つのブログ、「ゆかしかりしかど 」。


アクセス解析で検索ワードを調べてみると、

「ゆかしかりしかど」という語句で訪問してくれる人がちらほら。


意味が知りたいのか、文法的説明がほしいのか。


なにはともあれ需要があるようなので、供給することに。

でも、こちらのブログの方がふさわしいので、

こっちで記事を書くことにするね。



さて。

品詞分解できるかな?


ありがちなのが、



ゆかし/かり



とやってしまう間違い。


私が教えた生徒たちもそうだったんだけど、

これでは、「かり」がなんなのか説明できない。



「ゆかしかりしかど」の分け方は、


ゆかしかり/しか/ど


だよ。



「ゆかしかり」は

シク活用の形容詞「ゆかし」の連用形


「しか」は

連用形接続の過去の助動詞「き」の已然形


「ど」は

已然形接続の接続助詞



次に意味。


「ゆかし」というのはカ行四段活用動詞「行く」からできた語。

どうにもならないほど心がその方向にひっぱられて、

「つよく心がひかれるところへ行きたい」というのが本来の意味なんだ。

で、文脈から

「見たい」「聞きたい」「知りたい」「読みたい」

などと訳すことになる。


「き」は過去の助動詞で

「〜た」と訳す。


「ど」は逆接の意で

「〜けれども」と訳す。



「ゆかしかりしかど」全体を訳すと、


「見たかったのだけれども」

「聞きたかったのだけれども」

「知りたかったのだけれども」

「読みたかったのだけれども」


というわけ。



「ゆかし」=「心ひかれる」


大事な古語だから、よく覚えておこう。



ちなみにキミは今、何か「ゆかし」と思えるものはある?


「ゆかしき人」

「ゆかしきこと」


「ゆかし」という思いがあった方が人生は断然、豊かにできる。

大切にしてね!

 

(2010年8月18日作成記事)
posted by みちこ at 09:41| Comment(2) | 古文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。