アメブロのぽん!〜国語の勉強法あれこれ〜から移行してきました。
できるだけ早急に整備等、進めて行きたいと思っています。

以下のサイトも管理・運営中です。
よろしくお願い致します。

ちゃんねる☆ちゃんねる
MUSE〜アトリエ&1day shop&教室〜

2010年06月22日

古文の受験勉強 その6

さて、次は「ゐたりけるに」の「に」。

                           ぽん!〜国語の勉強法あれこれ〜

『ははん、「いたときに」って訳になるから、格助詞だな』

                           
                           ぽん!〜国語の勉強法あれこれ〜

そう考えたキミ!

なかなかだね。


でも残念!

違うんだ。


「に」の後ろを見てみると、「鬼はや一口(に食ひてけり)」と続く。

考えられるのは、格助詞か接続助詞。

A 格助詞なら、

「思い続けていたときに、鬼ははやくも一口(に食ってしまった)」
B 接続助詞なら、

「思い続けていたところ、鬼ははやくも一口(に食ってしまった)」


格助詞と接続助詞の「に」の識別方法は、

上に名詞を補わなければ訳せない→格助詞

上に名詞を補わない方が自然な訳→接続助詞


ここでは、Bの接続助詞で自然な形に訳せるので接続助詞ということになる。
間違えたところは、右のように、       ぽん!〜国語の勉強法あれこれ〜
消しゴムは使わずに、できれば赤ペンで修正しておこう。


おまけのアドバイス。

格助詞・接続助詞の「を・に・の・は・が」は、

体言・体言に準ずる語に接続する。

だから、「を・に・の・は・が」とあったら

その上の語についてはまず、連体形を疑うようにしよう。

必ずとはいえないけど、「を・に・の・は・が」の上は、

連体形の場合がほとんどなんだ。

ここでも、「に」の上は、過去の助動詞「けり」の連体形になっているでしょ。

posted by みちこ at 00:05| Comment(0) | 古文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。