アメブロのぽん!〜国語の勉強法あれこれ〜から移行してきました。
できるだけ早急に整備等、進めて行きたいと思っています。

以下のサイトも管理・運営中です。
よろしくお願い致します。

ちゃんねる☆ちゃんねる
MUSE〜アトリエ&1day shop&教室〜

2010年06月20日

古文の受験勉強 その5

さて。

「明けなんと思ひつつ」が終わったので、次は「ゐたりけるに」の品詞分解。
                                 ぽん!〜国語の勉強法あれこれ〜
一番上の「ゐ」は、古文の文法の歌 その1  に出てきた

「ひ・い・き・に・み・ゐル、かへりみる」の「ゐ」ルだ。

だから、上一段活用動詞。


ゐは「わゐうゑを」の「ゐ」なので、ワ行。


問題なのは活用形。

上一段動詞は、「イ・イ・イル・イル・イレ・イヨ」と活用する。

ということは、「ゐ」は未然形と連用形の二つの可能性がある。

そこで、下を見てみる。

下にあるのは「たり」。


「たり」は次の可能性がある。


A 完了・存続の助動詞「たり」

   →連用形に接続

B 断定の助動詞「たり」

   →体言に接続

C タリ活用形用動詞の活用語尾

   →上の語が音読みの漢語で、主語にならない

 

今回、「たり」は体言や、音読みの漢語ではなく、

「ゐ」という上一段活用動詞にくっついている。

したがって、この「たり」は、Aの完了・存続の助動詞。

完了・存続の助動詞「たり」は、

古文の文法の歌 その2  から連用形接続ということがわかる。

だから「ゐ」はワ行上一段活用動詞連用形


で、この「たり」だけど、完了か存続かわかる?


その判断は文脈でするしかない。

完了なら「〜た」「〜しまう」「〜てしまった」

存続なら「〜ている」「〜てある」


ここでの「たり」は単独ではなく、「たりける」という形で登場している。

この「ける」は、どう考えても過去の助動詞「けり」の連体形。

「たり」は、過去の助動詞にくっついて出てきているんだ。

訳すと、「思い続けていた」とするのが自然。

したがって、完了の「たり」ということになる。


さて。

過去の助動詞「けり」は、

古文の文法の歌 その2  から連用形接続。

だから「たり」は、完了の助動詞「たり」の連用形

ついでに「ける」は、過去の助動詞「けり」の連体形

                    
書き込むと、こんな感じ。               ぽん!〜国語の勉強法あれこれ〜

 

posted by みちこ at 00:33| Comment(0) | 古文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。